車査定

車査定で高額売却|車を高く売る業者比較

交通事故示談を保険会社に依頼したO.Eさんの体験談

先日、事故をしました。自動車対自転車で、私が自転車に乗っていました。事故は交差点で起き、信号が青になったので私が横断歩道を渡ろうと動き出した時に、同じく信号が青で左折してきた車に巻き込まれた形になりました。

 

私は、腕を骨折しました。病院に行き、全治1か月との診断でした。仕事もありますし、相手の確認不足のために起こった事故に対してとても腹立たしい気持ちでいっぱいでした。相手と向き合ってしまうと、自分の思っている不満などが爆発し、冷静に対応できないと思ったため、交通事故示談を保険会社に依頼することにしました。

 

お互いが顔を合わせたのは事故当日のみ。そのおかげで私は、気持ちを乱されることなく事故後の対応ができました。事故後の手続きなどは担当者がテキパキと行ってくれました。相手の担当者も私の状態を気にかけてくれ、通院費など保険の事も逐一報告してくれ、安心してお任せすることができました。おかげでスムーズな解決がなされたと思います。

 

自分たちで示談という形にせず、交通事故示談を依頼して本当に良かったです。事故は起こさないことが一番ですが、万が一起きてしまったときは、迷わず保険会社に依頼することをお勧めしたいです。

 

車について

交通事故示談を行政書士に依頼したW.Nさんの体験談

交通事故に巻き込まれて、交通事故示談交渉を行う時に、交渉相手となる加害者の人があまり交渉に協力的ではなかったので、交通時の法律業務に詳しい行政書士に先生に交通事故示談交渉の場に立ち会ってもらいました。
以前、普通に道路を歩いているときに、スマートフォンを操作しながら運転をしている自転車に後ろから追突されてしまいました。
突然のことですごくびっくりして戸惑ってしまいました。

 

ぶつかった直後は背中がすごく痛く歩けないほどだったので、救急車を呼んでもらって病院に行きました。
幸い大きなけがではなく後遺症も残るような類のものではないということがわかりました。
その後事故の加害者側と交渉をする際に行政書士を呼びました。

 

自分一人で交渉を行ってもよかったのですが、怪我の影響もあり精神的に落ち込んでおり、
相手の人に丸め込まれてしまう可能性もあったので、依頼をしました。

 

法律に詳しいプロが交渉の場にいるだけで相手が緊張してすごく素直になり、交渉の進捗もとてもスムーズになりました。
病院に数回通院するのに掛った費用なども無事に支払ってもらうことが出来ました。
歩行者として道を歩いているときも背後からぶつかられる危険に注意をすることが必要だと感じました。

交通事故示談を自分でしたU.Uさんの体験談

先日、交通事故を起こしてしまいました。事故自体は大きいものではなかったのですが、保険会社を通してではなく自分で交通事故示談をしました。自分の中では交通事故示談という大げさなことをしたつもりはないのですが、あとで保険会社の人に顛末を話したところ、そういわれました。
バイクで走っていたところ急に飛び出して来た子どもがいたのでよけようとして歩行者に少しぶつかってしまった事故でした。「ぶつかった」というよりは接触した感じです。ただそのときに倒れたのですぐに警察に電話して救急車も来ました。

 

警察車両が来て、救急車も来ますと周りの人も集まって来ます。恥ずかしかったですけど、現場検証をしたのは大正解だったと保険会社の人に褒められました。相手の人は中年の女性で悪そうな人でもなかったので、自分で交通事故示談をしたんですけど、基本的には危険な対応だったようです。

 

保険会社に連絡をしなかったのは相手の人が感じがよかったからですが、あとから周りの人の入れ知恵で態度が変わることがあるそうです。中には、もっと悪質なケースがあり、最初からの策略で恐そうなお兄さんが言いがかりをつけてくることもあるそうです。そうしたときのために警察に届けておくことはとても大切なようです。
次からは、すぐに保険会社へ連絡することを決めた次第です。


ホーム RSS購読 サイトマップ